運動療法(エクササイズセラピー)

運動療法(エクササイズセラピー)

頭を良くしたいなら運動しなさい

勉強がデキる人や頭の回転が速い人は魅力的ですよね。自分もそんな人になれたらな〜と思うこともあります。 しかし、勉強を重ねても華が開かない人も多いでしょう。勉強は無駄ではありませんが、それだけでは弱い可能性があります。 脳を鍛え...
運動療法(エクササイズセラピー)

クリエイティブな人間になるには運動が必要

アイディアが乏しい。頭が凝り固まっている。そんな、あなたは運動不足かも知れません。 運動は脳を活性化し、クリエイティブにしてくれます。創造力を高めたければ、運動をしましょう。 では、運動がクリエイティビティを高めるというデータ...
運動療法(エクササイズセラピー)

運動は血糖値スパイクを防ぐ

血糖値が上がったり下がったりすると情緒が安定しません。気分は落ち込み、イライラや不安が強くなるでしょう。 こういった血糖値の乱高下を血糖値スパイクと言います。食後に極度の疲労感を感じるのが特徴です。 血糖値スパイクに苦しんでい...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ストレスによりADHDは悪化する

現代社会人の敵、ストレス。過度なストレスは様々な病気のリスクを高めます。 さらには、ADHD症状も悪化するでしょう。高いストレス環境下に置かれると短絡的で衝動的な行動は増加します。 では、ストレスがADHDに悪いというデータを...
睡眠

【内向的な人】コーヒーは午前11時までにして!

コーヒーは抗うつ効果があったり、集中力を高めてくれる優秀な飲み物です。飲み過ぎは良くありませんが、毎日1〜4杯くらいは飲むと良いでしょう。 ただし、コーヒーを飲む時間に気をつける必要があります。午後の遅い時間にコーヒーを飲んではいけ...
睡眠

朝起きれない…起立性調整障害に効く2つのメソッド

起立性調整障害とは、起立時に立ちくらみや目眩を起こす自律神経失調症です。朝起きれないというのも起立性調整障害の特徴の一つ。 とくに、午前中は体を活発にする交感神経の活動が不十分です。そのため、低血圧になり力が湧かず朝起きれません。 ...
うつ

運動は希死念慮を振り払う

希死念慮とは死にたい気持ちのこと。うつ病になったり、耐えられない不幸な出来事に遭遇すると希死念慮は湧いてきます。 一度、希死念慮に襲われると思考が停止して何も手が付かなくなるでしょう。ベッドから起き上がる気力も失われてしまいます。 ...
うつ

うつ病の寿命は〇〇歳

うつ病にかかると寿命が縮まると言われています。健康な人に比べ短命です。 もちろん、うつ病の人は自ら命を断ってしまうリスクが高いため寿命が短くなるという側面もあります。ですが、それを差し引いても寿命が短いのです。 うつ病のだいた...
運動療法(エクササイズセラピー)

運動は過敏性腸症候群の薬となる

日本人のおよそ5人に1人はIBS(過敏性腸症候群)だそうです。慢性的な下痢や便秘を起こしているなら、IBSと言えます。 IBSの原因は多岐に渡るのですが、腸の血流が悪かったり、腸がねじれていると発生しやすいそうです。生まれつき腸の形...
栄養療法

セロトニン不足はかんしゃく悪化させる

セロトニンとは情緒の安定に関わっている神経伝達物質の一つです。かんしゃくを起こしやすい人はセロトニンが足りていない可能性があります。 セロトニンは情緒の安定に欠かせません。もし、セロトニンが不足すると気持ちの切り替えが上手く行かずネ...
タイトルとURLをコピーしました