ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDに瞑想のススメ

ADHDは物忘れが多く、目標を達成することも困難です。何をやっても上手くいかない。そんな劣等感を抱えている人も少なくないでしょう。 ですが、ADHDに対する治療はいくつか存在します。今回、紹介するのは「瞑想」です。瞑想はADHDの症...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ストレスによりADHDは悪化する

現代社会人の敵、ストレス。過度なストレスは様々な病気のリスクを高めます。 さらには、ADHD症状も悪化するでしょう。高いストレス環境下に置かれると短絡的で衝動的な行動は増加します。 では、ストレスがADHDに悪いというデータを...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDはガッツポーズをするべき理由

ADHDは前頭葉と呼ばれる脳領域が弱いです。注意の維持や頭の切り替えに前頭葉は関わっています。 前頭葉が弱いと集中しなければならない局面でパフォーマンスを発揮できません。実際に、ADHDは課題に取り組ませても前頭葉の活動が低いです。...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

L-ドーパはワーキングメモリーを強化する

ワーキングメモリーは計画を立てたり集中するときに活動します。頭の回転が速い人はワーキングメモリーが強いです。反対に、優先順位付けが下手な人や口頭の指示で混乱する人はワーキングメモリーが弱いと言えます。 ワーキングメモリーの強さとは、...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

散らかった部屋はADHDを悪化させる

ADHDはワーキングメモリーが弱いとされています。そのため、計画を立てたり集中することが困難です。 ADHDにとってワーキングメモリーは非常に重要と言えるでしょう。そんなワーキングメモリーは負荷がかかると機能が低下するそうです。 ...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

DHAはADHDに欠かせない

DHA(ドコサヘキサエン酸)は主に青魚に含まれる必須脂肪酸です。体内で合成できないので食事やサプリメントなどで摂取する必要があります。 このDHAは脳の発達に必要不可欠です。脳の炎症を抑えたり、認知機能を高めたりする効果があります。...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

イチョウ(銀杏)はADHDの辛さを和らげる

イチョウ(銀杏)は秋にキレイな黄色い葉を生やします。秋の風物詩と言えるでしょう。 そんなイチョウですが、実はハーブとしても扱われています。イチョウの葉は認知機能を高める効果があるそうです。多くの実験で短期記憶や集中力が向上したという...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

悪用厳禁!コンサータをブーストさせる方法

コンサータはADHDのお薬です。飲めば脳のドーパミン濃度が高まり、集中力がグッと上がるでしょう。 ですが、コンサータの効き目が弱い方もいます。コンサータが効かない原因として考えられるのは栄養不足です。 コンサータはドーパミン濃...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

人生をブチ壊してしまったADHDに瞑想の提案

ADHDは待つのがニガテです。将来の報酬より目先の報酬に飛びついてしまいます。 我慢できずに多くのチャンスを棒に振ってきたADHDも多いでしょう。私も機会に恵まれながらも忍耐力の無さのせいで、人生をブチ壊してしまいました。悔やんでも...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

マグネシウムはADHDの効果的な治療となる

多くのADHDはマグネシウムが不足しています。マグネシウムとは鉄やカルシウムと同じミネラルの一種です。 もし、マグネシウムが不足するとどうなるでしょうか? 疲労感を感じたり、集中力が欠如したり、気が短くなります。ADHD症状そ...
タイトルとURLをコピーしました