2020-11

うつ

エナジードリンクは病みまっせ

課題や仕事の納期が近づいてきて、もうひと踏ん張りしたいときエナジードリンクを飲む人も多いと思います。飲めば活力がブーストされ、パフォーマンスが向上するでしょう。 ただし、メリットは一時的です。むしろ、デメリットの方が勝ちます。 ...
栄養療法

コーヒーが血糖値を安定させる理由

糖尿病の人や血糖値スパイクを起こしやすい人は血糖値を気にしていると思います。高すぎる血糖値は血管をボロボロにするでしょう。逆に、血糖値スパイクで低血糖になったら眠気や情緒の悪化が襲ってきます。 血糖値を安定させるのは、日々のパフォー...
栄養療法

頭が良くなる!オメガ3は脳をデカくする

オメガ3とは多価不飽和脂肪酸に分類される必須脂肪酸です。簡単に言えば、体にいい油のこと。亜麻仁油や魚油はオメガ3です。 オメガ3の中でもDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は脳を発達させる働きがあります。人間...
栄養療法

コーヒーはアルツハイマーを防ぐ

アルツハイマー病は脳細胞が死滅する恐ろしい病気です。物忘れが増え、日常生活に支障をきたします。生き生きとした老後を過ごすことは困難になるでしょう。 アルツハイマーは若いときの生活習慣が大きく関わっています。食事や運動、睡眠によって脳...
うつ

コーヒーはうつ病に効く飲み物である

コーヒーは非常にポピュラーで親しみのある飲み物です。毎日、飲んでるよ!という方も多いでしょう。 コーヒーは優秀な飲み物で、認知能力やメンタルを向上する効果があります。更には、うつ病にもコーヒーが有効的です。 コーヒーを飲む↓...
栄養療法

ビタミンDは腸の炎症を抑える

ビタミンDが足りていないと腸は荒れます。お腹の調子が悪い方はビタミンDが不足しているかもしれません。 実際に、IBD(炎症性腸疾患)やIBS(過敏性腸症候群)はビタミンDが欠乏していることが原因の一つとされています。 というの...
睡眠

睡眠薬より強い!ぐっすり眠れるベッドの使い方

不眠症のため睡眠薬を毎晩、飲まれている方もいらっしゃると思います。薬を飲むほどではなくとも入眠困難な方は多いことでしょう。 しかし、その睡眠の問題はベッドの使い方次第で解決する可能性があります。もしかすると、睡眠薬が不要になるかもし...
睡眠

【内向的な人】コーヒーは午前11時までにして!

コーヒーは抗うつ効果があったり、集中力を高めてくれる優秀な飲み物です。飲み過ぎは良くありませんが、毎日1〜4杯くらいは飲むと良いでしょう。 ただし、コーヒーを飲む時間に気をつける必要があります。午後の遅い時間にコーヒーを飲んではいけ...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

L-ドーパはワーキングメモリーを強化する

ワーキングメモリーは計画を立てたり集中するときに活動します。頭の回転が速い人はワーキングメモリーが強いです。反対に、優先順位付けが下手な人や口頭の指示で混乱する人はワーキングメモリーが弱いと言えます。 ワーキングメモリーの強さとは、...
うつ

姿勢が悪いとうつ病になる

うつ病になると体から力が抜けビシッとした姿勢を保つのが困難になります。まるで、おじいちゃんになったかのよう。前かがみで酷い猫背になります。 このように姿勢が悪くなるのは、うつの特徴です。 しかし、元々の姿勢が悪いとうつ病になり...
タイトルとURLをコピーしました