2020-10

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

散らかった部屋はADHDを悪化させる

ADHDはワーキングメモリーが弱いとされています。そのため、計画を立てたり集中することが困難です。 ADHDにとってワーキングメモリーは非常に重要と言えるでしょう。そんなワーキングメモリーは負荷がかかると機能が低下するそうです。 ...
睡眠

朝起きれない…起立性調整障害に効く2つのメソッド

起立性調整障害とは、起立時に立ちくらみや目眩を起こす自律神経失調症です。朝起きれないというのも起立性調整障害の特徴の一つ。 とくに、午前中は体を活発にする交感神経の活動が不十分です。そのため、低血圧になり力が湧かず朝起きれません。 ...
うつ

オメガ3は脳の炎症を抑える!不安や抑うつに効きます

オメガ3とは多価不飽和脂肪酸に分類される必須脂肪酸です。簡単に言えば、体にいい油のこと。亜麻仁油や魚油はオメガ3です。 とくに、青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は不安や抑うつに効くとされてい...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

DHAはADHDに欠かせない

DHA(ドコサヘキサエン酸)は主に青魚に含まれる必須脂肪酸です。体内で合成できないので食事やサプリメントなどで摂取する必要があります。 このDHAは脳の発達に必要不可欠です。脳の炎症を抑えたり、認知機能を高めたりする効果があります。...
うつ

瞑想は希死念慮を鎮める

希死念慮とは死にたい気持ちのこと。うつ病になったり、耐えられない不幸な出来事に遭遇すると希死念慮は湧いてきます。 一度、希死念慮に襲われると思考が停止して何も手が付かなくなるでしょう。ベッドから起き上がる気力も失われてしまいます。 ...
うつ

運動は希死念慮を振り払う

希死念慮とは死にたい気持ちのこと。うつ病になったり、耐えられない不幸な出来事に遭遇すると希死念慮は湧いてきます。 一度、希死念慮に襲われると思考が停止して何も手が付かなくなるでしょう。ベッドから起き上がる気力も失われてしまいます。 ...
うつ

セロトニンを増やすブライトライト

ブライトライトとは、うつ病やSAD(季節性情動障害)などの治療にも使われている高度照明器具です。このような光を浴びる専用の器械になります。 ブライトライトを使って1万ルクスほどの光を大量に浴びることで情緒は安定化します。ちな...
睡眠

睡眠に効くGABA

GABAとはγ-アミノ酪酸と言って抑制系の神経伝達物質のことです。リラックスしているときにGABAは脳内で分泌されます。 そんなGABAはサプリメントから摂取することができ、睡眠にも効果があるそうです。一般的にGABAは血液脳関門を...
うつ

うつ病の寿命は〇〇歳

うつ病にかかると寿命が縮まると言われています。健康な人に比べ短命です。 もちろん、うつ病の人は自ら命を断ってしまうリスクが高いため寿命が短くなるという側面もあります。ですが、それを差し引いても寿命が短いのです。 うつ病のだいた...
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

イチョウ(銀杏)はADHDの辛さを和らげる

イチョウ(銀杏)は秋にキレイな黄色い葉を生やします。秋の風物詩と言えるでしょう。 そんなイチョウですが、実はハーブとしても扱われています。イチョウの葉は認知機能を高める効果があるそうです。多くの実験で短期記憶や集中力が向上したという...
タイトルとURLをコピーしました