厄介な耳鳴りを瞑想で鎮める

アイキャッチ健康・メンタルケア
この記事は約4分で読めます。

耳鳴りは、発症してしまうと完治するのが難しいです。
非常にストレスですが、付き合っていかなけれななりません。

私もずっと耳鳴りに悩まされています。
キーンという音が絶えず聞こえてきます。

そんな、厄介な耳鳴りは少しでも癒やしたいものです。
耳鳴りには音響療法や認知行動療法が有効とされています。

そして、「瞑想」も耳鳴りに効果があるそうです。

では、瞑想が耳鳴りに効くというデータを2つ見ていきましょう。

その1.耳鳴り症状を緩和する

イギリスで実施された実験では、耳鳴りの治療に瞑想が使用されました。

実験の対象者
  • サンプル数:25人
  • 男性   :32%
  • 女性   :68%
  • 平均年齢 :50代後半

なお、実験の対象者は慢性的な耳鳴りの患者です。
平均して8年以上、耳鳴りに悩まされています。

実験の対象者は、マインドフルネス瞑想を習います。

実験のプログラム
  • 実施期間:3ヶ月
  • 実施回数:4セッション
  • 1セッション:40分

そして、瞑想を習う前と習った後における耳鳴り症状の変化を計測します。

実験の結果、瞑想が耳鳴りに効果を発揮しました。

  • 耳鳴り症状が18〜25%ほど緩和した

しかも、80%の人が効果を実感できたそうです。

その2.神経症を改善する

神経症的な性格の人は耳鳴りになりやすいことがわかっています。
性格を改善することで、耳鳴りへの効果が期待できます。

オランダにあるラドバウド大学の調査では、瞑想が及ぼす性格への影響を調べられました。

調査の対象者
  • サンプル数:70人
  • 男性   :33%
  • 女性   :67%
  • 平均年齢 :40代後半

調査の対象者は2つのグループからなります。

  • 瞑想の経験者(平均13年の経験)
  • 瞑想の未経験者

この2つのグループの性格の違いを調べたそうです。

調査の結果、次のことがわかりました。

  • 瞑想経験が長いほど神経症的な性格スコアが低くなる

神経症的な性格を改善したければ、瞑想に長期間取り組みましょう。

まとめ

耳鳴りを完治することは難しいですが、瞑想により軽減することができます。
少しは苦痛から開放してくれるでしょう。
神経症的な性格の改善も期待できます。

瞑想の具体的なやり方は、次の書籍がオススメです。

鋼のメンタルを手に入れる ゴリラ式メタ認知トレーニング

マインドフルネスストレス低減法

まずは、1日10分の瞑想からチャレンジしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました