ビタミンCは認知機能を維持する

アイキャッチ栄養療法
この記事は約8分で読めます。

年を取ると段々、頭の回転が悪くなります。
とくに、運動や栄養、睡眠が不足すると認知機能の低下に拍車がかかるでしょう。
できることなら認知機能は維持したいものです。

そんな認知機能の維持に関して、ビタミンCは効果を発揮します。
抗酸化ストレス作用により、脳細胞を保護してくれます。

もし、ビタミンCが不足すると認知機能は悪化するでしょう。

活性酸素が増加する

ビタミンCが消費される

ビタミンCが不足する

活性酸素が脳細胞を傷つける

認知機能が悪化する

では、ビタミンCと認知機能の関係についてデータを3つ見ていきましょう。

その1.認知機能を維持する

2017年にオーストラリアで実施されたメタ分析では、ビタミンCと認知機能の関係について調べられました。
分析には50の研究データが使用されたそうです。

メタ分析の結果、次のことがわかりました。

血液中のビタミンC濃度が高い人
  • 認知機能が正常である

ビタミンC濃度が高ければ高いほど、頭が良くなるワケではありません。
ですが、少なくとも認知機能に問題を抱えるリスクが低くなります。

その2.アルツハイマーのリスクが下がる

オランダで実施された大規模調査では、ビタミンCの摂取とアルツハイマーのリスクについて調べられました。

調査の対象者
  • サンプル数:5,395人
  • 男性   :41%
  • 女性   :59%
  • 平均年齢 :67.7歳

調査は約6年に渡って追跡されたそうです。
なお、調査開始時点では全員アルツハイマーではありません。

調査の結果、2.7%ほどの人がアルツハイマーになりました。
そして、ビタミンCはアルツハイマーのリスクを下げています。

ビタミンCの摂取量が多い人(1日133mg以上)
  • アルツハイマーのリスクが34%低い

抗酸化ストレス作用が脳の老化を防ぎました。

認知症はビタミンCの消費が大きい

認知症はビタミンCの消費が大きいとされています。
というのも、何らかの理由で活性酸素が増加しているからです。
活性酸素を食い止めるために、ビタミンCが多めに消費されているということ。

南アフリカで実施された調査では、ビタミンCと認知症の関係について調べられました。

調査の対象者
  • サンプル数:93人
  • 男性   :10%
  • 女性   :90%
  • 平均年齢 :84.1歳

調査の対象者のうち、46%ほどの人が認知症と診断されています。

血液中のビタミンCと普段の食事摂取量を調べたそうです。

調査の結果、次のことがわかりました。

認知症の人
  • 食事のビタミンC摂取量は認知症のない人と変わらない
  • 血液中のビタミンCが最適値以下であるリスクが2.99倍高い

認知症の人はビタミンCを摂取しているにもかかわらず、ビタミンCが不足しているという結果です。
活性酸素に対してビタミンCを大量に消費している可能性があります。

多めにビタミンCを摂取しておいて損はないでしょう。

その3.ワーキングメモリーが高まる

ワーキングメモリーとは、短期的な記憶の保持及び操作を行う力のこと。
目の前の課題に注意を向けたり、暗算や優先順位付けをするときなどに使われます。
生きていく上で、とても重要な能力と言えるでしょう。

そして、ビタミンCはワーキングメモリーを高めます。

ビタミンCが充足する

ノルアドレナリンが放出される

ワーキングメモリーが高まる

ノルアドレナリンはストレスホルモンですが、適度に分泌されている分にはプラスに働きます。

オーストラリアで実施された調査では、ビタミンCと認知能力の関係について調べられました。

調査の対象者
  • サンプル数:80人
  • 男性   :34%
  • 女性   :66%
  • 平均年齢 :60.97歳

調査の対象者のうち、16%ほどの人が血液中のビタミンCが不足していたそうです。

調査では、いくつかの認知機能テストが実施されました。

調査の結果、次のことがわかりました。

血液中のビタミンCが正常な人
  • 注意力が1.12倍高い
  • 短期記憶が1.19倍高い
  • 実行機能が1.15倍高い

血液中のビタミンCが正常であれば、ワーキングメモリーは機能すると言えます。
もし、ビタミンCが不足すれば頭の回転は鈍くなるでしょう。

まとめ

長期間、ビタミンCが不足すると認知機能は悪化するでしょう。

活性酸素が増加する

ビタミンCが消費される

ビタミンCが不足する

活性酸素が脳細胞を傷つける

認知機能が悪化する

ビタミンCは抗酸化ストレス作用により脳を保護してくれます。
認知機能を維持するには欠かせない栄養です。

それに、ワーキングメモリーも高めてくれます。
認知機能を維持したい人はビタミンCを摂取しましょう。

アメリカのRDA(推奨される食事制限)によると1日に必要なビタミンCの量は次のとおりです。

  • 成人男性:90mg
  • 成人女性:75mg

もし、ビタミンC不足であれば1gくらい摂っても構いません。

ビタミンCは主にフルーツや野菜に豊富に含まれています。
ですが、安定して摂取するにはサプリメントがオススメです。

Now Foods, C-1000、100粒 [並行輸入品]

1日1錠摂取しましょう!

参考論文
タイトルとURLをコピーしました