反すうはアルツハイマーを招く

アイキャッチうつ
この記事は約4分で読めます。

反すうとはネガティブ思考の堂々巡りのこと。
何年も前の出来事を鮮明に思い出して胸が苦しくなる。
否定的な考えが頭にこびりついて離れない。

こういった症状を反すうと言います。

もし、反すうを繰り返しているならキケンです。
うつ病やアルツハイマー病のリスクが高まります。
脳へのダメージがハンパないです。

反すうを繰り返す

コルチゾールが大量に分泌される

海馬が縮小する

うつ病やアルツハイマー病になる

では、反すうがアルツハイマーを招くというデータを3つ見ていきましょう。

その1.アルツハイマーのリスクを高める

反すうを繰り返していると、うつ病になります。
うつ病は大変です。
普通に生活することが困難になるでしょう。

それだけでなく、うつ病を経験するとアルツハイマーのリスクが高まります。

アメリカにあるマイアミ大学で実施されたメタ分析では、うつ病とアルツハイマー病の関係が調べられました。
合計102,172人を対象とした20の研究データを分析したそうです。

メタ分析の結果、次のことがわかりました。

うつ病を経験した人
  • アルツハイマーを発症する確率が2.02倍高い

反すうを起こしている人はアルツハイマーになりやすいと言えます。

その2.海馬を縮小させる

反すうを繰り返していると海馬が縮小します。
海馬は記憶に関わる脳領域です。

反すうを繰り返す

副腎皮質からコルチゾールが大量に分泌される

コルチゾールが脳に届く

海馬がコルチゾールに晒される

海馬が縮小する

海馬が縮小するほど、反すうを繰り返すとうつ病になるでしょう。
実際に、うつ病になった人は海馬が20%弱ほど小さくなっています。

海馬が縮小すると、認知機能は低下します。
物覚えが悪くなるでしょう。

海馬の縮小はアルツハイマーの人にも見られます。
海馬が20%ほど小さいです。

反すうは海馬の縮小を招き、認知機能を低下させます。

その3.アミロイドβが増える

アルツハイマーはアミロイドβと呼ばれるタンパク質が過剰に脳に蓄積されることで発症します。
蓄積されたアミロイドβが脳細胞を損傷させ、認知機能に障害を起こすのです。

反すうはアミロイドβを増加させます。

Alzheimer’s & Dementiaという学術雑誌に掲載された調査では、反すうとアミロイドβの関係が調べられました。

調査の対象者
  • サンプル数:292人
  • 男性   :27%
  • 女性   :73%
  • 平均年齢 :62.3歳

認知機能やアミロイドβの蓄積度合いを追跡調査したそうです。

調査のプログラム
  • 調査期間:4年(48ヶ月)

調査の結果、次のことがわかりました。

反すうが大きい人
  • 認知能力の低下が早い
  • アミロイドβの蓄積が多い

反すうは脳の老化を早めます。

まとめ

反すうは脳へのダメージがハンパじゃないです。
うつ病やアルツハイマーのリスクを高めます。

反すうを繰り返す

コルチゾールが大量に分泌される

海馬が縮小する

うつ病やアルツハイマー病になる

日常的に反すうを繰り返している人は気をつけましょう。
対処法としては「グリーンエクササイズ」や「メタ認知」が有効的です。

次の記事を参考にしてみて下さい:)

Comments

タイトルとURLをコピーしました