血糖値スパイクはビタミンDで防げる!

アイキャッチ栄養療法
この記事は約5分で読めます。

血糖値スパイクとは食後に血糖値が急激に高まる症状のことです。
この血糖値スパイクが起こると色々困ったことが起きます。

糖質を含んだ食事をする

血糖値が急上昇する

遅れてインスリンが分泌される

血糖値が下がりすぎて低血糖になる

集中困難・眠気が発生する

血糖値を上げるためにストレスホルモンが分泌される

不安やイライラを感じる

血糖値スパイクが起きると何も良いことはありません。
予防できるなら予防するに越したことはないでしょう。

そこで、血糖値スパイクを予防する方法としてビタミンDが効果的です。

ビタミンDは血糖値を安定化させる

血糖値スパイクを防ぎたければ、ビタミンDを摂取しましょう。

というのも、血糖値が高まると膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞からインスリンが分泌されます。
インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンです。

このインスリンを分泌するβ細胞にビタミンDの受容体があります。
β細胞がビタミンDと出会うことで、インスリン機能の働きを助けているそうです。

つまり、ビタミンDが不足するとインスリン機能が弱まるということ。

逆に、ビタミンDをしっかり摂取していればインスリン機能は正常に働くでしょう。
事実、2型糖尿病はビタミンDで改善したというデータがたくさん出ています。

では、ビタミンDと血糖値の関係について2つデータを見ていきましょう。

その1.2型糖尿病はビタミンD不足

北欧のフェロー諸島で実施された調査では、2型糖尿病はビタミンDが不足していました。

調査の対象者
  • サンプル数:668人
  • 男性   :51%
  • 女性   :49%
  • 平均年齢 :72.5歳

なお、調査の対象者のうち24%が2型糖尿病とのこと。

血液検査が実施され、血液中のビタミンDなどが調べられました。

調査の結果、次のことがわかりました。

ビタミンD欠乏症の人
  • 2型糖尿病である確率が高い(オッズ比で2.25倍)
  • インスリン感受性が9%低い

インスリン感受性が低いと血糖値が下がりにくい

インスリン感受性とはインスリンの効きの良さことです。

もし、インスリン感受性が低いと次のような状態になります。

食事をする

血糖値が上がる

インスリンが分泌される

インスリンの効きが悪く、なかなか血糖値が下がらない

大量のインスリンを必要とする

インスリン感受性が低いほど、下がりにくいと言えます。

その2.ビタミンDでインスリン感受性が53%高まった

イランで実施された実験では、ビタミンDの摂取によりインスリン感受性が高まりました。

実験の対象者
  • サンプル数:60人
  • 男性   :48%
  • 女性   :52%
  • 平均年齢 :48.5歳

なお、実験の対象者は全員非アルコール性脂肪性肝疾患の患者とのこと。
非アルコール性脂肪性肝疾患は2型糖尿病を合併させやすいです。

実験の対象者は2つのグループにわけられました。

  • ビタミンD
  • プラセボ

プラセボは偽薬のことで、中身はなんの効果もない物質が入っています。
比較対象として用意されたグループです。

それぞれのグループでビタミンD又はプラセボを毎日摂取させられました。

実験のプログラム
  • 実施期間 :10週間
  • 経口摂取量:1週間あたり50,000IU

実験の結果、ビタミンDを摂取したグループに効果が見られました。

  • インスリン感受性が53%高まった
  • 空腹時の血糖値が11%下がった

インスリン感受性が高まれば、血糖値は安定しやすいと言えます。

まとめ

血糖値スパイクが起きると、良いことは何もありません。

糖質を含んだ食事をする

血糖値が急上昇する

遅れてインスリンが分泌される

血糖値が下がりすぎて低血糖になる

集中困難・眠気が発生する

血糖値を上げるためにストレスホルモンが分泌される

不安やイライラを感じる

慢性的な疲労やメンタルの悪化に繋がります。

血糖値スパイクを防ぐ方法はビタミンDです。
ビタミンDを摂取することで、血糖値は安定化します。

しっかり毎日、摂取しましょう。

アメリカのRDA(推奨される食事制限)によると1日に必要なビタミンDの量は次のとおりです。

  • 成人男性:600IU
  • 成人女性:600IU

もし、ビタミンD不足であれば倍くらい摂っても構いません。

安定してビタミンDを摂取するにはサプリメントがオススメです。

[海外直送品] ナウフーズ  ビタミンD-32000 IU240ソフトゲル [並行輸入品]

私もサプリメントで1日1錠(2,000IU)摂取しています!

タイトルとURLをコピーしました