マグネシウムはアルツハイマーを予防する

アイキャッチ栄養療法
この記事は約3分で読めます。

アルツハイマーになると人生の満足度が下がります。
私もうつ病を患ったときに記憶障害になり、普通の生活がままならない深い絶望を味わいました。

アルツハイマーは高齢の方だけでなく、20代や30代の方でもなるリスクがあります。
予防できるなら予防しておくことに越したことはありません。

その予防方法の一つとして、マグネシウムを摂取すること。
マグネシウムは記憶力を強化してくれることがわかっています。

アルツハイマーはマグネシウム不足

American Journal of Alzheimer’s Disease & Other Dementiasという学術雑誌に掲載された系統的レビューによると、アルツハイマーはマグネシウムが不足していることがわかりました。

合計1,066人が参加した13の研究データが分析に使用されたとのこと。

分析の結果、アルツハイマーは脳脊髄液と髪に含まれるマグネシウムが明らかに不足していたそうです。

マグネシウムを摂取していると認知症のリスクが下がる

オーストラリアで実施された調査では、マグネシウムの摂取量と認知症に関連が見られました。

調査の対象者
  • サンプル数:1,433人
  • 男性   :49%
  • 女性   :51%
  • 平均年齢 :62歳

なお、調査の対象者のうち79人は軽度の認知症を抱えています。

調査では、毎日の食事から摂取されるミネラルやカロリーの量を調べられました。

調査の結果、マグネシウムの摂取量が多いほど認知症のリスクが低下したそうです。

まとめ

マグネシウムはアルツハイマーを予防し、記憶力を強化してくれます。
しっかり毎日、マグネシウムを摂取しましょう!

アメリカのRDA(推奨される食事制限)によると1日に必要なマグネシウムの量は次のとおりです。

  • 成人男性:410mg
  • 成人女性:360mg

もし、マグネシウム不足であれば1.5倍くらい摂っても構いません。

マグネシウムを安定して摂取するにはサプリメントがオススメです。

Now Foods, マグネシウムキレート、植物性カプセル 120粒 [並行輸入品]

私もサプリメントで1日1錠摂取しています!
もちろん、過剰摂取しないように気をつけて下さい。

タイトルとURLをコピーしました