なぜ、森林浴をすると病気にならないのか?

アイキャッチ健康・メンタルケア
この記事は約4分で読めます。

森林浴をすると免疫力が高まります。
がんやウィルスの感染を予防するNK細胞が活性化・増殖するからです。
つまり、森林浴をすると病気にかかりにくくなります。

ブレイブ
ブレイブ

NKはナチュラルキラーと読みます

ではなぜ、森林浴をするとNK細胞が活性化・増殖するか?
そこにはフィトンチッドと呼ばれる揮発性物質が関わっています。

森林浴は免疫力を高める

森林浴をすると、NK細胞が活性化・増殖します。
その結果、免疫力が高まるということ。

NK細胞はがんやウィルスの感染を防いでくれます。

1回の森林浴で1週間程度、効果が持続するので週に1回は緑地に訪問したいところ。
緑地とは公園や庭、森林のことです。

ブレイブ
ブレイブ

なかなか、近場に緑地がない…

もちろん、都会に住む社会人は、なかなか緑地に訪問できないことでしょう。
実は都会にいながら森林浴と同等の効果を得る方法があります。

それは、フィトンチッドを取り入れることです。

免疫力を高める正体!フィトンチッド

フィトンチッドとは樹木から発生される揮発性物質のことです。

森林浴をすると、独特の匂いを感じられると思います。
あれがフィトンチッドです。

ブレイブ
ブレイブ

表現し難いですが、落ち着く匂いですよね

フィトンチッドは免疫力を高めてくれます。
それだけでなく、殺菌作用や気分の安定化にも貢献するそうです。

日本で実施された実験では、フィトンチッドを浴びると免疫力が高まったそうです。

実験の対象者
  • サンプル数:12人
  • 年齢   :37〜60歳

実験の対象者は、都会のホテルに3連泊したそうです。
全く森林と接していません。

ただし、ホテルの部屋にある加湿器からヒノキの幹油を蒸発させてフィトンチッドを3日間浴びたそうです。

実験の結果、フィトンチッドを浴びたことで免疫力が高まりました。
それだけでなく、ネガティブな気分も解消しています!

フィトンチッドが免疫力を高めた

フィトンチッドを浴びたことで、免疫力が高まりました。
免疫細胞であるNK細胞が活性化しています。

次の画像はNK細胞の活性度合いです。

棒グラフが高いほど、NK細胞が活性化しているということ。

  • 赤の矢印:フィトンチッドを浴びる前
  • 青の矢印:フィトンチッドを浴びた後

フィトンチッドを浴びたことで、NK細胞が活性化しました。
NK細胞が活性化すれば、それだけ免疫力が高くなります。

ブレイブ
ブレイブ

病気を防ぐには、フィトンチッドを浴びればいいのか!

フィトンチッドがネガティブな気分を解消した

フィトンチッドは免疫力を高めるだけでなく、ネガティブな気分も解消しました。

フィトンチッドを浴びた後、次の感情が減少しています。

  • 緊張
  • 不安
  • 抑うつ
  • 怒り
  • 敵意
  • 疲労
  • 混乱

とくに、疲労と混乱が大幅に減少したそうです。
ネガティブな感情を抱えているなら、フィトンチッドを浴びましょう。

ブレイブ
ブレイブ

フィトンチッドはメンタルヘルスにも効く

家にいながらフィトンチッドを取り入れる方法

フィトンチッドは、免疫力を高め病気を予防します。
森林浴をすることで、フィトンチッドを取り入れることができるでしょう。

ですが、都会に住む社会人は自然と触れ合う機会を作りにくいもの。
そこで、家にいながらフィトンチッドを取り入れる方法を紹介したいと思います。

フィトンチッドの除菌&消臭スプレー

実はフィトンチッドは販売しています。

どこの家庭にも除菌&消臭スプレーがあると思います。
もし、使うならフィトンチッドを含んでいるタイプを選びましょう。

天然フィトンチッド フロレスタ 300ml 除菌&消臭剤

病気の予防にもある上に、メンタルヘルスにも効果的です。

精油(エッセンシャルオイル)

精油とは植物から抽出された油のことです。
エッセンシャルオイルとも言います。

【精油タイプ/お試し】天然 青森ひば油 10ml

精油を枕元に垂らしたり、加湿器に垂らしましょう。
フィトンチッドを取り入れることができます。

まとめ

森林浴をすると、NK細胞が活性化・増殖し免疫力が高まります。
樹木から発生するフィトンチッドが、その効果をもたらしてくれるでしょう。

病気を防ぐには森林浴をすることです。
ですが、近場に森林がない場合はスプレーや精油でフィトンチッドを取り入れることができます。

もちろん、本物の森林の方が効果は高いです。
多くのフィトンチッドを取り入れることができます。

たまには、遠出して自然と触れ合う機会を作ってください:)

図解 免疫細胞療法 NK細胞でがんと闘う[改訂版]

Comments

タイトルとURLをコピーしました