HSP特有の頭のごちゃごちゃをスッキリさせる方法【怒りや不安が和らぎます】

アイキャッチHSP・感覚過敏
この記事は約4分で読めます。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは、ひといちばい敏感な人のこと。
音や光に敏感で、過剰に反応してしまいます。
人の感情にも敏感で、相手が怒っている、納得していないなど察知する能力が高いです。

ブレイブ
ブレイブ

人の感情がなだれ込んできてツラい…

HSPは拾う情報が多すぎてストレスを感じやすいです。
いろんな考えや感情で頭の中が埋め尽くされています。

ブレイブ
ブレイブ

常に頭はごちゃごちゃ

実は、そんな頭のごちゃごちゃはスッキリさせることができます。
怒りや不安も和らぐことでしょう。

感情に脳が支配されるHSP

HSPは良くも悪くも感情的になりやすいです。

しかし、感情に脳が支配されると理路整然とできないでしょう。

ブレイブ
ブレイブ

感情的になると、論理的に考えられなくなりますね

というのも、HSPは扁桃体と呼ばれる脳領域が暴走しやすいのです。
そのため、怒りや不安を感じやすいということ。

ただし、扁桃体自体は悪者ではありません。

扁桃体は怒りや不安を感じさせる役割を持っています。
怒りや不安というのは、人間が生存していくために必要な感情です。
負の感情を感じることで危機回避できます。

ブレイブ
ブレイブ

HSPはリスクを感じ取る力が強いんですね

ただ、扁桃体が過剰に活性化するのは問題です。
頭が感情に支配されると、頭がごちゃごちゃしてしまいます。
そうなると、冷静に物事を考えることはできなくなるでしょう。

ブレイブ
ブレイブ

優先度がつけられなくなる

しかし、そんな頭のごちゃごちゃはスッキリさせることができます。
暴走している扁桃体を沈静化すれば良いのです。

扁桃体を鎮める方法

扁桃体を鎮める方法は、科学的にも証明されています。

それは、何かというと「感情にラベルをつけること」です。

マインドフルネスやメタ認知、言語化といった言い方もできます。
自分の感情に名前をつけることで、扁桃体が沈静化するのです。

もし、怒っているなら怒っていると言葉に出して、紙に書き出しましょう。
なんで、怒ってるんだっけ?
その理由も言葉に出して、紙に書き出す。

ブレイブ
ブレイブ

内にこもっている感情を外に出せばいいのか!

扁桃体が沈静化すれば、怒りや不安は落ち着きます。
頭が感情の支配から解き放たれ、頭がスッキリするでしょう。

感情にラベルをつけると扁桃体が沈静化した

実際に、感情のラベリングで扁桃体が沈静化した実験を紹介します。

アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校の実験では、感情に対してラベリングを行うと扁桃体が沈静化しました。

実験の対象者
  • サンプル数:30人
  • 男性   :12人
  • 女性   :18人
  • 年齢   :18〜36歳

実験の対象者は、何かしらの表情をした人の写真を何枚か見せられました。
例えば、怒っている、怯えている、幸せそうなど。

そういった写真を見るだけでも扁桃体は活性化します。
とくにHSPは怒っている人の写真を見るだけで不安になったりするでしょう。

ブレイブ
ブレイブ

フィクションでも暴力的なシーンを見ると、しんどくなる

実験では、何枚か写真を見せられ感情のラベリングを行うよう指示されました。
怒っている表情なら怒っているとラベルを付ける。
怯えている表情なら怯えている、幸せそうなら幸せといった感じです。

ブレイブ
ブレイブ

写真の表情に対して、感情の名前付けを行ったということですね

実験の結果、感情のラベリングを行うと扁桃体が沈静化しました。
感情のラベリングをしなかった場合と比べると、明らかに扁桃体の活動が低下しています。

つまり、感情のラベリングには扁桃体を鎮める効果があるということです。
扁桃体が鎮まれば、感情の支配から解き放たれ頭がスッキリします。

ブレイブ
ブレイブ

頭のごちゃごちゃは、感情のラベリングを行うことでスッキリする!

感情にラベルをつけると前頭前野が活性化する

感情のラベリングは扁桃体を鎮めた一方で、前頭前野を活性化させたそうです。

前頭前野は理性の脳と言えます。
今、集中すべきことに注意を向ける。
計画を建てる。

こういった機能を前頭前野は司っています。

ブレイブ
ブレイブ

HSPが苦手そう

感情のラベリングを行えば、前頭前野も機能して論理的に物事を考えれるようになるでしょう。

まとめ

HSPは扁桃体が暴走しやすく、感情に脳を支配されやすいです。
その結果、度が過ぎる不安や気遣いが発生します。
そうなると、頭がごちゃごちゃし身動きがとれません。

そんなときは、感情のラベリングを行いましょう。
今、どんな感情なのか?
なぜ、そんな感情になったのか?

そうすることで、扁桃体は沈静化します。
ポイントは脳に認知させること。
言葉に出し、紙に書き出すことで、認知が強化されます。

鋼のメンタルを手に入れる ゴリラ式メタ認知トレーニング

タイトルとURLをコピーしました