外で運動するべき5つの理由

アイキャッチ運動療法(エクササイズセラピー)
この記事は約5分で読めます。

突然ですが、運動するなら室内と室外どちらで実施しますか?

ブレイブ
ブレイブ

外は刺激が多いし室内にしますか

家やジムなどの運動も楽しいですね。
筋トレするなら室内でしょう。

ですが、あえて室外の運動をオススメします。
とくに、運動を普段やらない方やメンタルが弱い方ほど外で運動するべきです。

では、なぜ外で運動するべきなのか、5つの理由を見ていきましょう。

その1.運動量が増える

まず1つ目の理由として、屋外で運動すると運動量が増えるということ。

Journal of Sport and Exercise Psychologyという学術雑誌に掲載された実験によると、屋外で運動すると運動量が増えたそうです。

実験の対象者
  • サンプル数:38人

なお、実験の対象者は全員女性で肥満体型とのこと。

実験の対象者は2つの条件で30分間、走らされました。

  • 屋内(ルームランナー)
  • 屋外

実験の結果、屋外で走った方は運動量が増加しています。

  • 走行スピードが早い
  • 走行距離が長い
ブレイブ
ブレイブ

屋外で運動すると、運動量がアップするということ

その2.疲労感が少なくなる

2つ目の理由は、運動の疲労感が減るということ。

さきほどの肥満女性を対象にした実験では、屋外で運動すると疲労感が少なくなるそうです。

棒グラフが低いほど、感じている疲労感が小さいという意味になります。

  • 点線(青の矢印):屋内
  • 実線(赤の矢印):屋外

屋外で走った方が、明らかに疲労感が小さいです。

ブレイブ
ブレイブ

外で運動すると、たくさん運動できる

その3.運動が楽しくなる

3つ目の理由は、運動が楽しくなるということ。

外で運動する一番強い理由になると思います。
楽しくなければ、継続できません。

さきほどの肥満女性を対象にした実験では、屋外の運動は楽しいと感じやすいそうです。

運動後に楽しい感情が大きくなる

運動後の楽しさ(Enjoyment)は屋内と屋外で大きく差が生まれました。

楽しさ(126点満点)
  • 屋内:86.1
  • 屋外:94.9

屋外の運動は楽しさが約10%増します。

また運動したいと思う

それから、また運動したいと思う割合も差が大きいです。

将来の運動の意思(100点満点)
  • 屋内:48.6
  • 屋外:62.0

屋外の運動は半数以上が、また運動したいと答えています。

その4.不安が解消される

4つ目の理由は、不安が解消されること。

もちろん、屋内の運動も不安に効果があります。
しかし、屋外で運動する方が不安解消の効果が高いです。

Frontiers in Psychologyという学術雑誌に掲載された調査によると、屋外で運動する人の方が不安が小さかったそうです。

なお、調査の対象は全員、1週間あたり150分以上運動しているアクティブな人たちです。

ブレイブ
ブレイブ

1日約22分運動している計算

調査の結果によると、次のことがわかりました。

屋外の運動時間が長い人の特徴
  • 不安が小さい
  • 自然と触れ合う時間が長い
ブレイブ
ブレイブ

不安が強めな方は、外で運動しましょう

その5.メンタルへの効き目が早い

5つ目の理由は、メンタルへの効き目が早いということ。

屋外の運動は、メンタルへの効き目が早いです。
例えば、公園や森林などの緑地でたった5分間、運動や身体活動するとメンタルに効果が現れます。

このメンタルへの即効性は、屋内の運動にはないものです。
屋外で運動するなら、ぜひ緑地へ!

ブレイブ
ブレイブ

緑地で運動することをグリーンエクササイズと呼ぶ

まとめ

以上、外で運動するべき5つの理由でした。

大事なのは心地よく運動することです。
もし、室内の運動がフィットするなら室内で運動しましょう。
その方が、継続できます。

これから運動をしようと決心された方は、室外の運動から始めてみましょう。
楽しさを効果を実感できれば、継続できます。

あと、運動中に音楽を聴くと良いでしょう。
音楽は運動の効果を高めます。

[アディダス] ランニングシューズ ギャラクシー 4 DBF15 メンズ コアブラック/コアブラック/コアブラック(F36163) 27 cm

Comments

タイトルとURLをコピーしました