うつになると1日が1年のように長く感じる

アイキャッチうつ
この記事は約2分で読めます。

うつを患った方は共感できるかも知れません。
うつになると体感時間が遅くなります。

誰も居ない部屋にたった独り。
ただ眠くなるのを待つだけ。
まるで、1日が1年のように長く感じます。

ブレイブ
ブレイブ

何もやる気が出ないし、何も楽しくない

ある調査ではうつ患者の4人に1人が体感時間の遅れを報告しました。

うつ患者の4人に1人が体感時間の遅れを感じた

Psychopathologyという学術雑誌に掲載された調査によると、うつ患者の4人に1人が体感時間の遅れを経験しているそうです。

ブレイブ
ブレイブ

うつ患者100人中25人

私もうつのドン底にいた頃は体感時間の遅れを感じています。
時計の針が動かない無限の苦しみが続くようでした。

ブレイブ
ブレイブ

ただ眠くなるのを待つだけの生活

うつにより体感時間の遅れ経験した方はインタビューで次のように解答しています。

  • ゆっくりで退屈
  • 苦しみが永遠に続く
  • 時間の流れを失った
  • 1日が1年のように感じる
  • 私はタイムロックされた場所にいる
  • ある日と次の日を区別するものは何もない

うつの方は共感できたのではないでしょうか。
私も同じような感覚を経験しました。

ブレイブ
ブレイブ

楽しいと時間は早く過ぎ、苦しいと時間は永遠に感じる

まとめ

気分が落ち込んで体感時間を長く感じるなら、深刻なうつの可能性があります。
しかし、そのまま引きこもりになるとより症状は悪化します。

規則正しい生活を送る、栄養をしっかり摂る、運動をするなどを心掛けましょう。
もちろん、普通の生活を送るだけでも大変だと思います。

うつは一気に良くなることはないので、焦らずマイペースに進めていきましょう:)

タイトルとURLをコピーしました