【ADHD】頭のごちゃごちゃはスッキリさせることができる

アイキャッチADHD(注意欠陥・多動性障害)
この記事は約5分で読めます。

頭のごちゃごちゃはADHDにしかわからない辛さ。
まるで、情報の洪水のよう。
脳がクリアに働かないと劣等感やストレスに襲われます。

なんとかしたいものです。

ブレイブ
ブレイブ

みんなと同じように集中したい

ADHDは脳の抑制機能が歪んでいます。
そのため、頭がごちゃごちゃしてしまうということ。

しかし、頭をスッキリさせる方法はあります。

運動で脳を鍛える

頭のごちゃごちゃは、どうすればいいか?

結論、運動をしましょう。

ブレイブ
ブレイブ

運動で頭はスッキリ!

運動は前頭前野と呼ばれる脳領域を活性化させます。

前頭前野は抑制機能に関わりがあり、ADHDは前頭前野の働きが弱い傾向です。
運動によって前頭前野を活性化されることで頭はスッキリするでしょう。

ブレイブ
ブレイブ

運動は脳を鍛える力がある

では、ADHDに運動が効果的であるという実験データを紹介します。

運動がADHDの認知と行動の抑制力を改善させた

イランのマシュハド・フェルドゥスィー大学の実験では、運動によりADHDの認知と行動の抑制力が改善しました。

運動は、次のような問題を解決してくれるでしょう。

  • 作業と無関係な情報がワーキングメモリを専有する
  • 情報の取捨選択ができない
  • 思慮の浅い突発的な行動を取る
ブレイブ
ブレイブ

情報の取捨選択能力は、選択的注意機能とも言います

では、簡単に実験の詳細を説明します。

実験の対象者
  • サンプル数:36人
  • 年齢:7〜11歳

なお、実験の対象者は投薬治療を受けていないとのこと。

実験の対象者は、2つのグループに分けられました。

  • 運動グループ   :19人
  • 運動しないグループ:17人

そして、運動グループのみ運動を実施します。

実施された運動
  • 継続期間:8週間
  • 実施回数:週3回
  • 1セッション:90分
  • 運動強度:目標心拍数65〜80%(50分)

ウォームアップやクールダウンの時間を除けば、50分ほど中〜強程度の運動が実施されました。

ブレイブ
ブレイブ

有酸素運動やボールを使った全身運動が実施されたそうです

実験の結果、運動グループの課題パフォーマンスが向上しました。

  • ストループ課題の向上
  • Go-No-Go課題の向上

「ストループ課題」と「Go-No-Go課題」は認知と行動の抑制力を検査するためによく使われます。

ADHDが弱いとされている脳の前頭前野が使われる課題です。
これらの課題パフォーマンスが向上したということは、認知と行動の抑制力も向上したと言えます。

サイクリングで成人ADHDの選択的注意が強化された

定期的な運動でなくとも、単発の運動でも頭はスッキリするでしょう。

ドイツのオルデンブルク大学の実験では、サイクリングによって成人ADHDの選択的注意が強化されたそうです。

実験には、ADHDと定型発達の合計40人が参加しました。

実験の対象者(ADHD)
  • サンプル数:20人
  • 男性   :16人
  • 女性   :4人
  • 平均年齢 :29.9歳
実験の対象者(定型発達)
  • サンプル数:20人
  • 男性   :15人
  • 女性   :5人
  • 平均年齢 :29.0歳

なお、実験の対象者は向精神薬を処方されていないとのこと。

実施されたのは「フランカー課題」という選択的注意機能が要求されるタスクです。
ノイズだらけの情報から、必要な情報をピックアップするというもの。

ブレイブ
ブレイブ

選択的注意機能が弱いと、ノイズのせいで判断が遅れてしまう

フランカー課題の実施前に、実験の対象者は「映画鑑賞」か「サイクリング」を30分実施させられました。

  • 映画鑑賞  :用意された映画を観る
  • サイクリング:最大心拍数の65〜75%で漕ぐ

実験の結果、サイクリングにより成人ADHDの課題パフォーマンスが向上しました。

次の画像はフランカー課題の正答スピードのグラフになります。

  • 赤矢印:ADHD
  • 青矢印:定型発達

矢印が右肩下がりであれば、映画鑑賞(Movie)に比べサイクリング(Exercise)の方が効果があったということ。

ADHDはサイクリングをしたことで課題パフォーマンスが向上しています。
つまり、選択的注意機能が強化されたと言えます。

ちなみに、定型発達はその傾向が見られません。

ブレイブ
ブレイブ

とくに、ADHDにとって運動は大事だということですね

まとめ

ADHDは身の回りが散らかっているし、頭の中も散らかっています。
この辛さはADHDにしかわからないものです。

どうしても、頭がごちゃごちゃしてしまうときは運動をしましょう。
30分中強度の運動をするだけで、頭は随分とスッキリするハズです。

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方

タイトルとURLをコピーしました