運動はADHDの集中力を向上させる

アイキャッチADHD(注意欠陥・多動性障害)
この記事は約5分で読めます。

ADHDは注意散漫で、なかなか集中できません。
一つのタスクをこなすのにも一苦労。

ブレイブ
ブレイブ

集中するって難しい

どうしても集中できない日もあるでしょう。
そんなときは、運動すると良いです。

運動には注意散漫なADHDの集中力を高める効果があります。

ADHD:運動でパフォーマンスが30.52%アップ

PLOS ONEという学術雑誌に掲載された実験によると、運動はADHDの集中力を高める効果があるそうです。

運動はADHDのパフォーマンスを向上させます。
なんと運動をしなかったADHDに比べ、運動をしたADHDはパフォーマンスが30.52%も高かったのです。

ADHD:運動でパフォーマンスが30.52%アップ
出典: Measurement of the Effect of Physical Exercise on the Concentration of Individuals with ADHD

棒グラフが小さければ、パフォーマンスが高いという意味となります。

  • 緑の棒グラフ:運動をしたADHD
  • 赤の棒グラフ:運動をしたADHDではない人
  • 青の棒グラフ:運動をしなかったADHD
  • 黄の棒グラフ:運動をしなかったADHDではない人

青の棒グラフより緑の棒グラフの方が小さいです。

運動によりADHDのパフォーマンスが上がったということ。
集中力が上がったと言えます。

ブレイブ
ブレイブ

どうしても集中できないなら、運動は効果的!

なお、実験の対象者は10〜16歳です。
ADHDは投薬治療を行っていないとのこと。

では、どういったパフォーマンス比較と運動が行われたのか補足します。

プリンスオブペルシャでパフォーマンス比較

実験では、プリンスオブペルシャという有名なレトロゲームが使われました。

ブレイブ
ブレイブ

伝説のレトロゲーム

パフォーマンス比較は、用意された18のタスクを早くこなせるかというもの。
例えば、アイテムを見つけろとか、湖を見つけろといったタスクが用意されました。

ただし、ゲームプレイの前に半分のグループは運動をさせられます。
この運動のあるなしが、パフォーマンスに影響を与えました。

5分間のランニングで効果あり

運動をしなかったADHDに比べ、運動をしたADHDはパフォーマンスが30.52%も高かったです。

実施された運動は、激しめの5分間ランニング。
途中休憩なしです。

ブレイブ
ブレイブ

5分なら全力疾走できそう

ADHDは運動をしたほうがパフォーマンスが良い

全タスク完了時間(ADHD)
  • 運動をした   :526秒
  • 運動をしなかった:757秒

ADHDはセロトニンやドーパミンなどの分泌が悪いと言われています。

しかし、ADHDは激しめの運動することで、セロトニンやドーパミンなどが分泌されて、ちょうどいい覚醒状態になるようです。

ブレイブ
ブレイブ

眠っている脳を運動によって叩き起こす

ADHDではない人は運動するとパフォーマンスが下がる

全タスク完了時間(ADHDではない)
  • 運動をした   :882秒
  • 運動をしなかった:513秒

ADHDではない人は、激しめの運動は逆にパフォーマンスを下げるようです。

一般的に、運動は認知に良い影響を与えると言われています。
ただ、ADHDではない人にとって、激しすぎる運動は集中力を低下させるようです。

ADHD:運動中は集中力が高い

もう一つ、ADHDが運動で集中力がアップした事例を紹介します。

Frontiers in Psychologyという学術雑誌に掲載された実験によると、運動中のADHDは通常時より集中力が高くなるそうです。

ブレイブ
ブレイブ

ADHDは、運動中の方が集中力が高い

実施されたのは、CATA(Conners継続的聴覚テスト)という聴覚テスト。
座った状態と運動中の2回、検査が行われました。

その結果、ADHDは運動中の方がパフォーマンスが高かったのです。

ADHD:運動中は集中力が高い
出典: Attention Improves During Physical Exercise in Individuals With ADHD
  • 赤の矢印:ADHD
  • 青の矢印:ADHDではない人

矢印が右肩下がりであれば、運動によって集中力がアップしたということです。

運動によりADHDは処理速度と聞き逃し率が改善

赤の矢印は右肩下がりになっています。

ADHDに運動は効果があったということです。

運動中のADHD
  • 処理速度 :25.4ms早くなった
  • 聞き逃し率:1.5%減少した

なお、運動はルームランナーで5km/hのペースで歩いたそうです。

ブレイブ
ブレイブ

集中したければ体を動かそう

また、ADHDの71%は投薬治療を行っていたとのこと。
コンサータなど飲まれている方にも、運動は効果があると思います。

ADHDではない人は運動中のパフォーマンスが悪い

青の矢印は右肩上がりになっています。

ADHDではない人は運動によって集中力を下げたということです。

運動中のADHDではない人
  • 処理速度 :15.9ms遅くなった
  • 聞き逃し率:0.88%増加した

まとめ

ADHDは頭にモヤがかかって集中できない日も多いでしょう。
その辛さ痛いほどにわかります。

どうしても集中できなければ、体を動かしましょう。
思いっきり体を動かすと、脳が覚醒してきます。

[アディダス] ランニングシューズ ギャラクシー 4 DBF15 メンズ コアブラック/コアブラック/コアブラック(F36163) 27 cm

タイトルとURLをコピーしました