バーンアウトから立ち直るには運動が効果的である

アイキャッチうつ
この記事は約3分で読めます。

ある日、突然やる気を失ってしまった。
緊張の糸がプツリと切れて立ち直れない。
虚しさに襲われ会社を休みがちに。

当てはまるなら、あなたはバーンアウト(燃え尽き症候群)になってしまったようです。

ブレイブ
ブレイブ

あれだけやる気があったのに…

長期間、高いストレスに晒されていると意欲を失ってしまいます。
あらゆることへの興味関心も薄れてしまうでしょう。

そのままだと、精神的によくありません。
立ち直りたい心があるうちに、ケアが必要です。

バーンアウト(燃え尽き症候群)は早期治療しよう

バーンアウトになってしまうと、朝起きることも辛いですよね。

他にも、こういった症状が出てくるでしょう。

  • 何をするにも億劫になる
  • 楽しい、嬉しいといった感情が喪失する
  • 破壊的な行動を取るようになる
ブレイブ
ブレイブ

虚無感に襲われると人生がどうでもよくなってしまう

バーンアウトは長引かせない方が賢明です。
早期治療を行いましょう。

ブレイブ
ブレイブ

治療が早ければ早いほど、立ち直りも早い

精神科や心療内科で治療を受けるのも大切ですが、バーンアウトには運動が効きます。

4週間の運動でバーンアウト(燃え尽き症候群)は改善する

オーストラリアのニューイングランド大学の実験では、4週間の運動でバーンアウトが改善したそうです。

バーンアウト状態の方を集めて、運動が定期的に実施されました。
運動は「ジョギングなどの有酸素運動」や「筋トレなどの無酸素運動」です。

その結果、バーンアウトが改善されました。

ブレイブ
ブレイブ

ジョギングでも筋トレでもバーンアウトに効果アリ

4週間の運動によるバーンアウト割合(100%)の変化
  • 高バーンアウト:37.6% → 14.9%
  • 中バーンアウト:27.9% → 41.2%
  • 低バーンアウト:34.5% → 43.9%

運動により、高バーンアウトが減りました!
その分、中バーンアウトや低バーンアウトが増えたということです。

ブレイブ
ブレイブ

中バーンアウトは、低バーンアウトになったようです

しかも、運動の効果はそれだけではありません。
心理面に良い影響を与えます。

なお、バーンアウトの判定にはMBI(バーンアウト測定尺度)が使われたそうです。

運動がもたらした心理的効果

運動することによって、人生は前向きに開けると言っても過言ではありません。

肯定的な感情が増え、否定的な感情が減ります。

増加した肯定的な感情
  • 幸福感
  • 達成感
減少した否定的な感情
  • ストレス
  • 精神的苦痛
  • 精神的疲労
ブレイブ
ブレイブ

これは嬉しい!!

バーンアウトしてしまうと、幸福感や達成感を得ることが難しくなります。
運動は失った感情を取り戻してくれるようです。

週3回30分運動する

バーンアウトされている方は、4週間運動を頑張ってみましょう。

今回の実験では、最低でも週3回30分運動が実施されたそうです。

ジョギングでも筋トレでも構いません。
2日に一回程度のペースで、運動を実施しましょう。

ブレイブ
ブレイブ

継続できる運動を選ぶこと!

運動時間が長いほど心理的効果あり

また、運動時間は長いほど心理的効果を発揮します。

運動時間が伸びれば、幸福感が増加して、ストレスと精神的疲労が減少したそうです。
できれば、毎日運動したいですね。

[アディダス] ランニングシューズ ギャラクシー 4 DBF15 メンズ コアブラック/コアブラック/コアブラック(F36163) 27 cm

まとめ

バーンアウトしてしまうと、運動するのも大変だと思います。
外出するのも嫌悪感を感じるでしょう。

ですが、そのまま放置してしまうと、もっと動けなくなります。
まずは、家で簡単なヨガやラジオ体操からはじめるのもアリです。
とにかく、体を動かすこと。

そのうち、きっと気分が晴れてきます:)

タイトルとURLをコピーしました