音楽を聴きながら作業をしよう!気分とパフォーマンスに好影響

アイキャッチ音楽療法(ミュージックセラピー)
この記事は約8分で読めます。

あなたは、仕事や勉強中に音楽を聴きますか?
作業中に音楽を聴くのは、良いとか悪いとか様々な意見があります。

しかし、どうやら音楽を聴くことは良いと言えるようです。

ブレイブ
ブレイブ

落ち着いたジャズとか集中力高めてくれそう

作業中に音楽を聴くことで、気分とパフォーマンスに良い影響を与えていました。

音楽を聴くことはメリットだらけだった

作業中に音楽を聴くことは、気分とパフォーマンスを高める効果があることが判明しました。

音楽を聴くことは、メリットだらけです。
仕事中に音楽を聴くことがNGの会社は残念です。
社員の気分とパフォーマンスを下げています。

ブレイブ
ブレイブ

接客業以外で、仕事中に音楽を聴くのNGな会社あるのかな?

カナダのオンタリオ州にあるウィンザー大学の実験で、音楽が及ぼす気分とパフォーマンスへの影響が調査されました。

実験の結果、仕事中に音楽を聴くことは、メリットだらけだったことが判明。
音楽には、気分とパフォーマンスを高める効果がありました。

しかも、いつも音楽を聴かずに作業していた方に対しても効果あり!
音楽を聴かずに作業するのは、もったいない行為です。

ブレイブ
ブレイブ

作業用プレイリストを作ろう!

音楽が及ぼす気分とパフォーマンスへの影響

ウィンザー大学の実験では、音楽が気分とパフォーマンスを高めていたことを明らかにしました。

カナダにあるソフトウェア企業で働いている方が対象になったそうです。

実験は5週間に渡って行われました。
基本的に、音楽はいつでも聴いてOKです。

ブレイブ
ブレイブ

聴いても良い音楽は、制限はなく自由選択です

しかし、5週間のうち1週間だけ作業中に音楽を聴いてはいけません。

ブレイブ
ブレイブ

禁酒ならぬ、禁音楽

音楽を聴いても良い週。
音楽を聴いてはいけない週。

2つの週の気分とパフォーマンスを前後比較します。

実験の対象者

実験の対象者は、カナダのソフトウェア会社で働いている社会人です。
年齢は、19〜55歳の間で平均年齢は32.8歳とのこと。

  • 男性:41名
  • 男性:15名
ブレイブ
ブレイブ

4社で実験を行ったそうです

音楽を聴くことで気分とパフォーマンスが上がった

実験の結果、音楽のあるなしがハッキリでました。

音楽を聴いてはいけない週は、酷いものです。

気分は、最も低く最低。
作業品質も最悪です。
それから、作業スピードは遅くなり予定通りに終わらない。

ブレイブ
ブレイブ

良いところがない…

しかし、音楽を聴くことで下がった気分とパフォーマンスが元に戻りました。

ブレイブ
ブレイブ

会社のために、音楽を聴きましょう

音楽を聴きながら作業するのは、効果ありです。

具体的に、グラフやデータ見てみましょう。
次の3項目の変動を確認します。

  • 気分
  • 作業品質
  • 作業スピード

その1.音楽が及ぼす気分への影響

ストレスはソフトウェア開発において禁物です。
エラーを引き起こす大きい原因の一つと言われるほど。

他には、気分が認知課題に大きく影響を及ぼしたという実験結果もあります。

ブレイブ
ブレイブ

気分が良ければクリエイティブに

そのため、気分を上げることは、非常に重要です。

音楽を聴けないと気分が下がった

今回の実験では、気分の測定をアンケートが用いられました。
アンケートに答えることで、気分が数値化されます。

次の画像は、気分をグラフ化したものです。

音楽のあるなしが及ぼす気分の変動
出典: The effect of music listening on work performance

気分が高ければ、折れ線グラフが高くなります。

この実験は5週間に渡って行われました。
矢印で示している第4週目が、音楽を聴いてはいけない週です。

明らかに、気分が下がっていることがわかります。

ブレイブ
ブレイブ

気分の株価暴落

なお、気分のスコアは最低6〜最高42点です。

音楽を聴きはじめると気分は元に戻った

再び、音楽を聴くことを許されると気分は元に戻っています。

第4周目は音楽を聴くことが許されませんでした。
そのため、気分が下がっています。

しかし、第5周目は音楽を聴くことを許可されました。
すると、気分は上昇し元に戻っています。

ブレイブ
ブレイブ

音楽を聴きながら作業すると、気分は上がる

音楽には、ポジティブにさせたり、穏やかにさせる効果があるといえるでしょう。

音楽を聴く習慣が身につくと気分が上がる

もう一つ、注目すべき点があります。

それは、第1週目から第3週目にかけて、気分が上がっていることです。

実は、今回の実験の対象者に”普段、仕事中に音楽を聴かない層”が混じっています。
実験に参加するために、普段は聴かない音楽を聴いて仕事をしたとのこと。

すると、なんと仕事中に音楽を聴く習慣が身についたことで、気分が上がったのです!

ブレイブ
ブレイブ

いつも音楽を聴かない方にも効果あり

最初は、戸惑いはあったようです。
しかし、段々と音楽を聴くメリットを実感して、気分は上昇。

それにより、第1週目から第3週目にかけて、気分のグラフは上がっていったということです。

ブレイブ
ブレイブ

グラフのベースラインを上げた犯人は、いつも音楽を聴かない層

また、実験後のインタビューでは、次のようなコメントを残しています。

「今後も仕事中で音楽を聴きたい」
「音楽を聴くことはポジティブな体験だった」

やはり、音楽を聴くことで気分が前向きになっています。

ただ、グラフを見る限り、慣れるまでに少し掛かるようです。

しかし、音楽を聴く習慣が身につけば、気分に好影響を与えます。
もし、音楽を聴いても良い職場であれば、音楽を聴いて作業をしましょう。

ブレイブ
ブレイブ

3週間、仕事中に音楽を聴いてみよう

その2.音楽が及ぼす作業品質への影響

音楽を聴くことで、目が覚めてシャキっとなる効果があるようです。
気分だけでなく、作業品質にも影響を与えていました。

ソフトウェア開発の仕事は、頭を使うクリエイティブな仕事です。
音楽を聴くことで、脳は覚醒します。
頭の回転や発想力にプラスの影響を与えていました。

ブレイブ
ブレイブ

音楽はクリエイティブにさせる

音楽を聴けないと作業品質が下がった

音楽は作業品質にも影響を与えます。

ただ、ソフトウェア開発の作業品質を評価することは難しいです。
そこで、自己評価アンケートを用いて、作業品質を評価しました。

アンケート項目は、次のようなもの。

  • 効果的なアプローチができたか?
  • 予定通りにタスクを完了できたか?
  • 詰まること無くタスクを進行できたか?
  • 完了したタスクに満足しているか?

などなど。

ブレイブ
ブレイブ

自己評価アンケートで、作業品質をスコアリング

次の画像は、作業品質をグラフにしたものです。

音楽のあるなしが及ぼす作業品質の変動
出典: The effect of music listening on work performance

矢印に示しているところが、音楽を聴いてはいけない週です。

やはり、音楽を聴いていない週は、最も作業品質が低くなりました。
第1週目と比較して、統計的にも優位に下回っていたそうです。

なお、作業品質のスコアは最低5〜最高20点となります。

音楽を聴きはじめると作業品質は元に戻った

作業品質も気分と同じく、音楽を聴きはじめると元に戻りました。
音楽は、作業品質を高めていると言えます。

実験の参加者によると、音楽は次のような効果があるそうです。

「リラックスできる」
「思考を柔軟にする効果がある」

ブレイブ
ブレイブ

頭が煮詰まるのを防いでいるようですね

ゆっくり物事を考えたり、クリエイティブなタスクには、音楽は有効でしょう。

その3.音楽が及ぼす作業スピードへの影響

音楽は、作業スピードまで早めてくれます。
音楽のリズムやペースに、体がつられるようです。

ブレイブ
ブレイブ

残業を減らすには、音楽を聴くしかない

音楽がなければ、予定より作業時間を費やしてしまいます。

音楽を聴けないと作業スピードが遅くなった

音楽は、気分と作業品質だけではなく、作業スピードまで影響します。

タスクをこなすのに、予定通りに終えることが出来るかは、音楽の影響が大きいです。
音楽を聴いていなければ、予定より多くの時間を費やします。

ブレイブ
ブレイブ

音楽を聴いていなければ、計画通りにいかない

作業スピードもアンケートで計測されました。

次の画像は、作業スピードをグラフにしたものです。

音楽のあるなしが及ぼす作業スピードの変動
出典: The effect of music listening on work performance

矢印に示しているところが、音楽を聴いてはいけない週です。

折れ線グラフが高いほど、作業時間が長かったという意味となります。

ブレイブ
ブレイブ

音楽を聴いてはいけない週が、最も作業時間を費やしてますね

なお、作業スピードのスコアは最低0〜最高10点です。
中間の5点が、予定通りにタスクを終えることができたという意味になります。

音楽を聴いてはいけない第4週目は、6.661点です。
いつも以上に作業時間を費やした言えます。

ブレイブ
ブレイブ

音楽を聴いていないと作業時間が伸びる

音楽を聴きはじめると作業スピードは元に戻った

作業スピードも気分や作業品質と同じく、再び音楽を聴くことで元に戻りました。

しかも、大きく作業スピードを向上させています。
体にエネルギーを与えていると言えるでしょう。

ブレイブ
ブレイブ

一種のドーピング

音楽は、退屈な気分や疲労感を紛らわせてくれるようです。

音楽が効果的ではない人もいる

音楽は、気分やパフォーマンスに高影響を与えてくれます。

しかし、音楽が効果的ではない人もいます。

イギリスのユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの実験では、内向的な人が音楽によってパフォーマンスを下げました。

内向的な人というのは、音の刺激に敏感です。
音楽は刺激が強いのでしょう。

ブレイブ
ブレイブ

無音状態が最もパフォーマンスが高かったそうです

誰しもが、音楽によって気分とパフォーマンスを上げるわけではありません。

まとめ

音楽は、気分やパフォーマンスに影響を与えています。
仕事や勉強、作業中に音楽を聴くことは、メリットだらけです。

それから、ポジティブな性格な方ほど音楽をよく聴くそうです。
音楽を聴いている時間が長かったとのこと。

気分を高めてくれる音楽をよく聴いていれば、性格や考え方もポジティブになっていくと言えそうです。

ただ、「音の刺激に弱い人」や「内向的な人」にとっては、音楽がプラスに働かない可能性もあることを覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました