緑があふれる公園にはメンタルヘルスを改善する力がある

アイキャッチ色彩療法(カラーセラピー)
この記事は約7分で読めます。

森林浴はバカにできません。
緑があふれる緑地にはメンタルの健康を改善する力があります。

しかも、一時的にメンタルを改善するのではなく長期的に安定をもたらすということが判明しました。
住んでいる地域に緑が多いとメンタルが改善されます。

ブレイブ
ブレイブ

都心には緑が少ない

反対に、緑が少ない場所に住むとメンタルは悪化するというデータがあります。

緑地はメンタルヘルスを改善する

自然に囲まれた緑地はメンタルヘルスを改善します。
メンタルヘルスは、精神の健康状態のこと。
気分が沈んでいたり、不安が強ければメンタルヘルスは悪いと言えます。

ブレイブ
ブレイブ

逆に、気分が晴れていたらメンタルヘルスは良好

そのメンタルヘルスについて、ある実験データがあります。
イギリスのデヴォン州にあるエクセター大学の実験で、緑地が及ぼすメンタルへの影響が調査されました。

過去、5年間にも及ぶサンプルデータがかき集められたそうです。
それにより、緑地がメンタルヘルスに及ぼす効果は長期的に持続するのか判別できます。

ブレイブ
ブレイブ

緑地の効果が一時的なのか、持続的なのか判断できますね

結論を先にいうと、緑豊かな地域に住むとメンタルヘルスが改善されます。
しかも、一時的ではなく3年以上メンタルが安定したというデータが出ました。

ブレイブ
ブレイブ

不安になりやすい方は、緑豊かな地域に住もう

エクセター大学の実験詳細

それでは、エクセター大学の実験の詳細を述べていきます。

エクセター大学の実験内容は、「緑豊かな地域に引っ越した人」と「緑の少ない地域に引っ越した人」を比較し、両者のメンタルヘルスの変化を観察するというもの。

緑豊かな地域とは、こういったところです。

ブレイブ
ブレイブ

緑が生い茂っている

日本の都心部の住宅街に、これほどまで自然があふれている場所は無いでしょう。
しかし、近所に大きめの公園や庭園が存在するなら緑豊かな地域と言えると思います。

ブレイブ
ブレイブ

東京の都市部にも大きい公園はありますね

エクセター大学の実験の対象者

実験の対象者は、直近、2〜3年間に引っ越しをした1,064人です。

1,064人の内訳
  • 緑豊かな地域に引っ越した人 :594人
  • 緑の少ない地域に引っ越した人:470人

この1,064人の5年間のメンタルヘルスのデータが解析されました。

メンタルヘルスのの良し悪しを数値化

メンタルヘルスのデータは、GHQ(General Health Questionnaire)という健康アンケートによりスコアリングされています。

ブレイブ
ブレイブ

メンタルの健康状態を数値化

アンケートに答えることで、0〜12点のGHQスコアが付きます。
GHQスコアが高ければ高いほど、メンタルヘルスは良好ということ。

ブレイブ
ブレイブ

メンタル最高!だと最大の12点

なお、データに関してはイギリスの世帯パネルの調査リポジトリであるBHPS(British Household Panel Survey)が使用されました。

緑の少ない地域に引っ越すとメンタルヘルスが低下する

それでは、実験結果の詳細を述べていきます。
まず、緑の少ない地域に引っ越した結果から。

今回の実験で、緑の少ない地域に引っ越すとメンタルヘルスが低下するということがわかりました。

ブレイブ
ブレイブ

引っ越す場合は、近所に公園があるところにしましょう

次の画像が、緑の少ない地域に引っ越した方のメンタルヘルスの変動となります。

なんと、メンタルの低下は引っ越す前から始まっています。
しかも、引っ越す前の元のメンタルに戻るまで、およそ2年ほどかかるようです。

緑がないと引っ越す前からメンタルは低下する

緑の矢印で示している縦の破線に注目下さい。
それが、緑の少ない地域に引っ越した時期です。

引っ越す前から、メンタルが低下していることがわかります。
緑の少ない地域への引っ越しは、ワクワクするイベントではないという結果となりました。

ブレイブ
ブレイブ

都心の喧騒は疲弊しますよね

引っ越すということは、なにかしらのライフスタイル変化もあるでしょうし、不安に繋がっているのかも知れません。

緑がなくてもメンタルは時間を掛けて元に戻る

引っ越すことが決まってから下がったメンタルですが、時間を掛けて元に戻ります。

ただし、元のメンタルヘルスの水準になるまで、1〜2年ほど掛かるようです。
環境に適応するまでの期間と言えるでしょう。

ブレイブ
ブレイブ

緑が少ない地域に引っ越しても、慣れたら元に通る

引っ越しの理由は大きい部屋に住むため

ちなみに、引っ越し理由がメンタルヘルスに影響するのではないかという仮設があります。
今回の実験で、引っ越し理由も調べられました。

しかし、引っ越し理由とメンタルヘルスへの影響は見当たりませんでした。

引っ越しの最大の理由は、大きい部屋に住むためだそうです。
これは、緑豊かな地域に引っ越した方と同じく当てはまります。

引っ越し理由1位ー大きい部屋に住むため
  • 緑豊かな地域に引っ越した人 :152人(25.6%)
  • 緑の少ない地域に引っ越した人:102人(21.7%)
ブレイブ
ブレイブ

仕事関係の引っ越し理由は、実は少ない

緑豊かな地域に引っ越すとメンタルヘルスが改善する

では、次に緑豊かな地域に引っ越した結果について。

緑豊かな地域に引っ越すとメンタルヘルスが向上するということがわかりました。
次の画像が、緑豊かなの地域に引っ越した方のメンタルヘルスの変動となります。

出典: Longitudinal Effects on Mental Health of Moving to Greener and Less Green Urban Areas

今度は、引っ越した直後にメンタルが向上しました。
しかも、上がったメンタルが下がることなく高いまま安定しています。

緑の豊かさは即効性があるメンタルケア

緑の矢印で示している縦の破線が、緑豊かな地域に引っ越した時期です。

引っ越して、すぐメンタルヘルスが向上しています。
つまり、緑豊かな地域への引っ越しは、即効性があるメンタルケアと言えます。

やはり、緑あふれる公園や庭園には、癒やしの力があるようです。

ブレイブ
ブレイブ

都会の喧騒から離れ、穏やかな休日を過ごせそう

緑の豊かさが与えるパワーというのは数値化して見ることができます。
GHQスコアを確認しましょう。

ブレイブ
ブレイブ

GHQスコアは高ければメンタル良好

引っ越しの前年と翌年のGHQスコア
  • 緑豊かな地域に引っ越した人 :+0.32(9.78→10.10)
  • 緑の少ない地域に引っ越した人:-0.16 (10.15→9.99)

緑豊かな地域に引っ越した人は、GHQスコアがプラスになっています。
メンタルが改善したと言えます。

しかし反対に、緑の少ない地域に引っ越した人は、GHQスコアはマイナスに。
メンタルが悪化しています。

ちなみに、緑の少ない地域に引っ越した人は翌々年にGHQスコアが10.13に回復します。

ブレイブ
ブレイブ

メンタルが低下したら回復に、1〜2年も掛かってしまう

緑の豊かさのメンタルケアは長期間持続する

緑豊かな地域に引っ越しても、効果は一時的ではないかという懸念はあるでしょう。
一年経ったら、メンタルが元に戻るのではないかと。

しかし、先ほどの画像を見れば、メンタルが下がっていないことがわかります。
メンタルを下げることなく、メンタルの安定化を3年以上持続するようです。

ブレイブ
ブレイブ

緑豊かな環境に慣れても効果を発揮

まとめ

今から引っ越すなら、緑が豊かな場所にしましょう。
大自然でなくとも、公園や庭園が近所にあるだけで違います。

緑はリラックスするには、最高のカラーです。
ほんの少し緑があるだけで、心は安らぐことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました