【イライラします】ストレスを悪化させるストレスカラー

アイキャッチ色彩療法(カラーセラピー)
この記事は約6分で読めます。

色にはストレスを和らげる力があります。
有名なのは癒やしの緑。
高ぶった気分を落ち着かせてくれます。

ブレイブ
ブレイブ

緑は片頭痛を抑える力も

しかし、反対にストレスを悪化させるストレスカラーが存在します。
それが、「赤」と「黄」です。

この2色はとくに、交感神経や感情を刺激して、イライラさせる効果があります。

ストレスは交感神経が高まっている

ストレスを抱えると自律神経が乱れます。

自律神経は、体温や脈拍数などをコントロールする重要な神経です。
自律神経が乱れていると、肩こりや冷え性といった症状が悪化します。

これは、ストレスによって自律神経の一つである交感神経が活発になりすぎているからです。

ブレイブ
ブレイブ

ストレスを受けると交感神経が高まり、リラックスすると副交感神経が高まる

ストレスを受けているときは、交感神経を刺激したくないものです。

しかし、色には交感神経を刺激する色が存在します。
それが、赤と黄です。
赤と黄は、ストレスカラーと言えるでしょう。

ストレスカラー(赤・黄)は交感神経を高める

ストレスを受けているときに、交感神経を更に高めてしまったなら、イライラすることが増えるでしょう。

ストレスカラーである赤と黄には、交感神経を高める効果が多くの実験で明らかになっています。

ブレイブ
ブレイブ

鮮やかな暖色も交感神経を高めてしまうでしょう

心拍数を増加させる

オーストラリアのカーティン大学の実験で、色が及ぼす気分や心拍数の変化の調査データがあります。

合計24人の被験者に6色(鮮やかな赤・青・黄、淡い赤・青・黄)の学習環境で読書課題をさせました。

6色(鮮やかな赤・青・黄、淡い赤・青・黄)の学習環境
出典: The Influence of Color on Student Emotion, Heart Rate, and Performance in Learning Environments

その結果、なんと赤と黄の2色が心拍数を増加させたのです。

心拍数が増加するということは、それだけ脈が早くなって心臓がドキドキするように感じるということ。

ブレイブ
ブレイブ

ストレスや緊張が高まるとドキドキしますよね

心拍数が早くなると、疲労感は増すことでしょう。

ストレスカラー(赤・黄)は感情に影響する

ストレスカラーである赤と黄は、感情にも影響を及ぼします。

赤と黄に囲まれていると、ネガティブな感情になりやすいようです。
実際に、怒りや不快感を高めたという実験データが出ています。

ブレイブ
ブレイブ

赤と黄に囲まれていると、ストレスが溜まる

赤と黄の部屋はネガティブになる

さきほど、紹介したオーストラリアのカーティン大学の実験では、色が及ぼす気分についてもデータが取られています。

その結果、ビビッド(鮮やか)な赤と黄の部屋は、ネガティブな気分を引き起こしていました。

鮮やかな赤・黄の学習環境
出典: The Influence of Color on Student Emotion, Heart Rate, and Performance in Learning Environments

この赤と黄の部屋は、大不評。
半数以上がネガティブに捉えています。

ブレイブ
ブレイブ

反対に、ビビッドな青い部屋は62%の方が、肯定的に捉えていました

ずっと、赤と黄の部屋にいるとネガティブになるでしょう。

赤い部屋は66%の方が否定的

赤い部屋は、66%の方が否定的に捉えていました。

理由としては、次のようなものです。

  • 気が散る
  • 不快感を感じる
  • 目が疲れる
  • 緊張感を感じる
  • 重圧感を感じる
  • 否定的な概念を想起する(争い・危険)

赤はストレスが強い色だと言えます。

それから、ペール(淡い)な赤い部屋も同じくネガティブ率が66%です。

ブレイブ
ブレイブ

彩度に限らず、赤はネガティブ率が高し

黄色い部屋は75%の方が否定的

黄色い部屋は、75%の方が否定的に捉えていました。

ブレイブ
ブレイブ

赤よりもネガティブ率が高い

理由としては、次のようなものです。

  • 気が散る
  • 不快感を感じる
  • 目が疲れる
  • 緊張感を感じる
  • 暑く感じる
  • 疲労感を感じる

黄色も刺激的で、疲れてしまう色です。

しかし、ペール(淡い)な黄色であれば、ポジティブな割合が多くなります。
ペールな黄色い部屋は、58%の方が肯定的に捉えました。

ブレイブ
ブレイブ

ちなみに、ペールな青い部屋は、70%の方が肯定的に捉えています

赤に囲まれると攻撃的になる

赤に囲まれて過ごすと、攻撃的になります。

イランのシラーズで行われた実験では、教室の色が生徒の攻撃性を高めるのか調査されました。

12週間、赤い教室で過ごすと攻撃性が大幅にアップしたそうです。

ブレイブ
ブレイブ

赤に囲まれていると怒りっぽくなる

ストレスカラー(赤・黄)は味方にもなる

ストレスカラーである赤と黄は、ストレスを受けているときにはイライラさせる色です。

しかし、赤と黄には良い側面もあり味方にもなります。

朝のダルさを解決する

朝寝ぼけて力が出ないときは、赤を取り入れるとよいでしょう。
体がシャキッとします。

朝ダルい人は赤を取り入れてみてください。

体を活発にするには、赤はもってこいです。

黄色は幸せの色

「幸福の黄色いハンカチ」という映画が昔、流行りました。
やはり、黄色というのは幸福を想起させる色のようです。

マンチェスターで行われた実験では、うつの人と健康な人の気分の色が調査されました。
うつの人は気分の色をグレーだと答えています。

しかし、健康な人は気分の色を黄色だと答えています。
詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

それから、マサチューセッツ大学ダートマス校の実験でも、黄色は幸福を感じるという実験結果が出ました。

ストレスがないときは、黄色は幸せを感じる良い色と言えるでしょう。

まとめ

ストレスを受けているときに、赤と黄は避けたいカラーです。
心臓の鼓動が早くなり、疲労感が増してしまうでしょう。
そんな状態では、体の疲れはとれません。

癒やしの緑を取り入れるなど試みて下さい。
観葉植物などをデスクに置くと良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました