うつ病かも?Instagramの投稿でわかる【青っぽい・グレー・暗い】

アイキャッチうつ
この記事は約8分で読めます。

Instagramの投稿から、うつ病の判定ができるという実験があります。
健康な人とうつの人のInstagramの投稿は、まるで違います。

あなたのInstagramの投稿は、どんな色彩をしていますか?
一度、Instagramの投稿を見直してください。

ブレイブ
ブレイブ

Let’s Check!

もし、Instagramの投稿が青っぽかったり、グレーがかってる、全体的に暗いなら要注意。
うつの可能性があります。

ブレイブ
ブレイブ

Twitterの投稿も同様に考えていいでしょう

Instagramの投稿でうつ病かわかる

アメリカのバーモント大学で、Instagramに投稿された写真からうつ病を特定するという実験が行われました。

過去3年間でうつ病と判断された71人を含むInstagramユーザーが166人集められました。
そして、その166人が投稿した合計4万3,950枚もの写真をパソコンにぶち込み機械学習で解析。

ブレイブ
ブレイブ

解析はAmazonのMTurkというクラウドシステムを使ったそうです

解析結果から、3つのことがわかりました。

  • 医者よりも高い精度のうつの判定
  • 健康な人のInstagramの特徴
  • うつの人のInstagramの特徴

医者よりも高い精度のうつの判定

今回の機械による解析では、うつ病の70%の方を特定できたそうです。

それに対し、一般開業医の診察による、うつの特定率は42%というデータがあります。
医師の診察と比較すると、今回の機械による解析は、非常に高い精度だと言えます。

ブレイブ
ブレイブ

うつの特定率が高いということは、それだけInstagramの投稿に多くの共通点があったということ

健康な人のInstagramの特徴

健康な人のInstagramの特徴は、活力がある写真を投稿していると言えます。

  • 赤みのある色相
  • 色鮮やかで彩度が高い
  • 明るく明度が高い
  • うつの人よりフィルター機能を使う

フィルター機能とは、Instagramの画像加工機能です。
色を鮮やかにしたり、逆にトーンを下げたりできます。

健康な人はフィルター機能を多用する

健康な人はうつの人より、フィルターを多用します。

出典: Instagram photos reveal predictive markers of depression

赤が健康な人で、青がうつの人です。
フィルター機能の使用頻度は一目瞭然ですね。

ブレイブ
ブレイブ

健康なら画像のオシャレをする心のゆとりがあるのかも

しかも、健康な人が使うフィルターは、どれも色鮮やかになります。

健康な人が使うフィルターベスト3
  • Valencia
  • X-Pro II
  • Hefe

うつの人がフィルターと全く異なります。

健康な人が使うフィルター1位 Valencia

1位のValenciaフィルター。
全体的に黄色味がかった暖かい印象を受けます。

Valencia
出典: The 10 Most Used Instagram Filters (According to Iconosquare Study)

健康な人が使うフィルター2位 X-Pro IIフィルター

2位のX-Pro IIフィルター。
コントラストが強調され強い印象を受けます。

X-Pro II
出典: The 10 Most Used Instagram Filters (According to Iconosquare Study)

健康な人が使うフィルター3位 Hefeフィルター

3位のHefeフィルター。
へフェと読むらしいです。
鮮やかで色味が増します。

Hefe
出典: Instagramのフィルタにはどんなものがある?

うつの人のInstagramの特徴

健康な人は、色鮮やかで暖かみのある写真を投稿していました。
それに対して、うつの人のInstagramの特徴は、無機質な写真を投稿しています。

  • 青っぽい色相
  • グレーがかって彩度が低い
  • 暗くて明度が低い
  • 健康な人よりフィルターを使わない

健康な人と真逆です。
うつの人の写真は、色相(青)、彩度(灰色)、明るさ(暗)といったHSV値が低くなっています。

健康な日人のHSVとうつの人のHSV-比較
出典: Instagram photos reveal predictive markers of depression

左が健康な人が投稿するような写真で、右がうつの人が投稿するような写真です。

うつの人が使うフィルター機能

健康な人と比べ、うつの人はフィルター機能の使用頻度が低いです。

ブレイブ
ブレイブ

飾り付けをするのが、面倒なのかも

ですが、うつの人が好んで使用するフィルターがあります。
うつな人が使うフィルターは、生活感が消えるようなモノトーン調が多いです。

うつの人が使うフィルターベスト3
  • Inkwell
  • Crema
  • Willow

うつの人が使うフィルター1位 Inkwell

1位のInkwellフィルター。
色彩が消え白と黒のモノトーンの世界。
花の生命を感じなくなります。

Inkwell
出典: Instagram Filters: How to Use and the Best Filters

うつの人が使うフィルター2位 Crema

2位のCremaフィルター。
鮮やかさが下がって、セピアっぽくなっています。
古い写真のように感じ、冷めた印象。

Crema
出典: How Instagram Filters Work, And Can You Tell the Difference?

うつの人が使うフィルター3位 Willow

3位のWillowフィルター。
Inkwellフィルターとかなり近いです。
より白と黒が強調されています。

Willow
出典: Instagram Filters: How to Use and the Best Filters

健康か?うつか?Instagramの投稿で判断できた

健康な人か?それとも、うつか?
Instagramの投稿を機械学習することで、ある程度判断できました。

  • 健康な人の傾向:暖かみがあって鮮やかで明るい色の写真を投稿する
  • うつの人の傾向:青っぽくグレーがかっていて暗い色の写真を投稿する

うつになると、色彩を排除する行動が働くようです。

うつは色彩を排除したがる?

今回の実験の研究者が、うつの人は次のような傾向が高いと述べています。

  • 健康な人より”青くて暗い灰色の写真”を投稿する
  • 画像から色を排除するフィルターを好む

なぜ、そのような傾向なのかということまでは、言及されていません。

しかし、色彩を遠ざける傾向は、うつに近いと覚えておきましょう。
実際に、私もうつになってから色彩を遠ざけるようになりました。

精神の健康状態で投稿する画像が変わる

今回の実験結果は、私の実体験にもあてはまっています。

健康なときは、明るいフィルターを多用していました。
うつになってからは、フィルターすら使っていません。

精神の健康状態で、投稿する画像に変化がありました。

健康なときは明るいフィルターを使う

健康なときは、明るいフィルターを好んで使っていました。

海外旅行に行ったときは、気分も晴れて楽しい気分♪
現地の観光地や食べ物の写真をたくさん撮影しました。
キレイな海、黄金に輝く建造物、とれたての魚介を使ったパエリア、あつあつのシチュー。

そして、Instagramに投稿するときは、それらを色鮮やかに加工して投稿していました。

ブレイブ
ブレイブ

気分が晴れていると画像加工楽しいですよね

うつのときはモノトーンにドハマり

それに対し、うつになったときは、モノトーンにドハマりしています。

なぜか、明るい色にストレスを感じるのです。
色のついた家具は、全て捨てました。
そして、身の回りをモノトーンで固めています。

ブレイブ
ブレイブ

当サイトもモノトーンで構成

Inkwellフィルターこそ使ってはいませんでしたが、白黒の世界に魅了されていたのは事実です。
実験結果で、うつの人はInstagramのフィルター機能の使用率が低かったです。
私も同様で、フィルター機能を面倒に感じて使う気になれませんでした。

ブレイブ
ブレイブ

うつのどん底なら、そもそもInstagramやらないw

うつ・不安な人はTwitterもグレーがかっているだろう

今回のInstagramの投稿画像の解析で、うつ・不安はグレーがかった画像を好むことが判明しました。

同様に、うつ・不安な人のTwitter投稿画像を解析した実験結果があります。
その実験でも、画像がグレーがかっているという特徴となりました。

やはり、うつになるとグレーを好むようです。
Twitterの画像解析の実験では、他にも野外活動の写真が少ないなどの特徴も抽出されていて、新しい発見があります。

うつっぽいなと思う方は、こちらの記事もご確認下さい。

まとめ

健康な人であれば、鮮やかで明るい色を好みます。
普段からValenciaフィルターを使っていれば、健康でしょう。

反対に、うつの人は、青っぽくグレーがかって暗い色を好みます。
意味もなくInkwellフィルターを多用していたら、うつかもしれません。

私もうつになってから、モノトーンにドハマりしたので、あてはまっています。
うつになると、明るい色を遠ざけるようになりました。

「好んで使っている色」と「回避している色」を見直してみましょう。
もしかしたら、うつに気づけるかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました